12月第2日曜の作業報告@(12/10)


市管理道の堆積落ち葉




ビフォー


アフター

 2か月ぶりの記事更新となり、申し訳ありません。紅葉が進み、公園入口ゲートから駐車場までの市管理道脇に、落ち葉がものの見事に堆積しています。遠見茶屋が冬季休業に入ったため、この道路を経由して来園される観光客の数は減りましたので、あまり迷惑にはなりませんが、やはり気になります。雨が降れば、濡れ落ち葉となり、道路にへばりつき、景観を損ねて道幅も狭めます。
 午前中は、駐車場に最も近いカーブだけを掃きましたが、午後はさらに下った箇所にも手を広げました。雨が降り出したところで作業終了。最低限の作業しかできませんでした。私たち能島の里はカレイ山展望公園内を指定管理しているため、そこらにまで手を広げると重い負担となります。(小生のように)ふだん肉体労働をしていない人間には、竹ぼうきの掃き掃除を1時間するのだけでも体力を消耗しますね。
 さて、本日は定例作業日ではない第2日曜日でしたが、作業は活気がありました。掃き掃除は小生だけで、実働部隊4名の男性会員はチェンソー・ナタ・手のこを使った水軍広場周辺の雑木・雑枝刈りに専念。そこは、毎年秋に実施しているラテン観月会の会場そばにあたるため、景観整備は以前から課題となっていました。冬の寒さが身に応える時期が、実は一番作業がはかどります。その報告は、次の記事にて。   


広報担当 大成