えひめ国体、開催直前の映日果へ(10/1)


国体アーチェリー会場




入口看板を新調!


お持ち帰りケーキ&おにぎり


早く食べたいなぁ


レモンケーキとイチジク

  悲願の愛媛県単独によるえひめ国体≠フ開催が、天皇・皇后両陛下を開会式にお招きして30日に幕を開けました。そして、今週から本格的に県内20市町の各競技会場にて熱戦が繰り広げられていきます。
  今治市宮窪町では、石文化運動公園にてアーチェリー競技が2日から4日まで3日間の日程で行われ、これに合わせて開店準備を進めてきた当会の食堂喫茶映日果≠フ力量も試されます。ただ、競技開催前日に訪れたところ、公園入口に整理員がいて入園に制限をかけている印象を抱かせたのか、来店をあきらめた方もいたようです。
  国体限定メニューなのか、ケーキセットには映日果の店名の由来ともなったイチジクがお目見え。ちょっと嬉しい気分になりました。店内から一望できる競技場の光景もなかなか乙です。入口ひさしの看板も新調されていました。前日は、表彰式のリハーサルやスクリーンの調整などを行っていましたね。
  宮窪の地で、選手および関係者の皆様が、大会期間中に有意義な時間を過ごせますことをお祈りいたします。映日果へのご来店、お待ち申し上げております。  


広報担当 大成