カレイ山で、ラテン観月会(9/9)


満員御礼の水軍広場




フラダンス&バンドの友情出演


燧灘を照らす月


マジョールの演奏

  ここ数年、雨に泣かされてきたラテン観月会でしたが、再びカレイ山に賑わいが返ってきました。ひょっとすると、これまでで最高の入場者だったのかも知れません。用意したパイプ椅子200がほぼすべて埋まり、満員御礼。駐車場の方も満杯。この日に合わせて、演奏会場となる水軍広場の環境整備に進めて参りましたが、賑わいを見て、来年はもう少し座席を増やしたいなと欲がでてきたしだいです(雑木刈り、がんばるぞ!)。
  さすが、マジョールさん!中高年を中心に集客力は抜群です。マジョールさんの演奏に合わせてダンスを踊りだす人たちもいます。さらに今年は、松山からフラダンス&バンドの友情出演もあり、楽しみの幅が広がりました。当会で用意した出店の飲食(石花汁&タコ飯&エビ飯&果物&生ビールほか)も、売れ行きは好調で、スタッフの皆さんも張り合いがあったことと思います。
  願わくば、月を見たかった…。新聞によると、月の出は午後8時頃の予定でしたが、地元漁師さんによればそれから1時間遅れじゃないと見えない≠ニか。確かにその通りでした。演奏が終わったのは8時過ぎで、後片付けが終盤に差しかかった頃に燧灘の上空に月が姿を現しました。最後は、月を眺めながら、演奏家の皆さんと一緒に会場で慰労会となりましたが、来年も頑張ろうという気持ちに駆り立ててくれました。
 ご来場いただきました皆様、演奏家&ダンサーの皆様、本当にありがとうございました。  


広報担当 大成