遠見茶屋のカレー、最高(^O^)/(4/23)


遠見茶屋のカレー




店内からの眺望(眼下に能島城跡)


遠見茶屋

  ようやく、今シーズン最初の遠見茶屋のカレー≠ノありつけました。今では石文化運動公園の映日果(eejikka)でも、「カレイ山カレー」として食べることもできますが、遠見茶屋は季節に合わせたトッピングが楽しめます。この時季ならタラの芽でしょうか。同じレシピでも、それぞれで作り手やトッピングが違ってきますので、二度楽しまれてみてはどうでしょう。
 そもそも映日果でカレーを提供することになった背景は、冬季休業中に遠見茶屋のカレーが食べれないというお客様の声に応えたもので、シーズン中でも完売した場合の受け皿として映日果があります。むしろ、映日果の看板メニューは宮窪うどんセットで、これからはイチジクを使ったスイーツをもっと売り出していく計画です。
  GWが近づいて参りましたが、遠見茶屋にご来店いただきましたら、美味しいひとときに加え、うっとりする景観があなたをお出迎えすることでしょう。GWのしまなみ海道観光で、カレイ山展望公園は外せませんよ!   


広報担当 大成