ポカポカ陽気の2月定例作業(2/19)


カレイ山の梅




作業風景@


作業風景A


四国山地遠望


船折瀬戸と多島美

  例年、2月の定例作業日は極寒なのですが、本日は作業中に汗ばむポカポカ陽気でした。作業に参加した会員は、男性8名・女性5名。女性会員は、展望台周辺の草抜きやトイレ掃除。男性会員はそれぞれ気になっている箇所で、私は水軍広場の海側斜面の間伐、八木君は鳥羽一郎歌碑裏の側溝掃除と間伐を実施しました。
  午前中に見られた雲は、午後にはなくなり快晴。四国山地と瀬戸内の多島美がクリアに見えて気分爽快で、園内の梅の花も満開でした(→帰宅して気づいたのですが、色白の私は陽射しで少々顔が日焼けしたようです)。一方、午後の作業は早々に切り上げ、会員数名は14時から村上水軍博物館で開催の講座「ヤギといっしょに〇〇づくり」に参加。この模様は次の記事にて。   


広報担当 大成