とある12月の作業風景B(12/11)


カレイ山頂上の舞うドローン




爽快の船折瀬戸

  冬は、どうしても風が強く、カレイ山頂上付近では空を舞うトンビの姿をよく見かけます。この日、頂上付近でドローン愛好者に出会いました。風をみて一度は飛行を断念しましたが、試運転であげてくれることになりました。
 寒気が下りると、多島美の景観は研ぎ澄まされたような美しさを醸し出します。美観を期待するなら、冬のカレイ山も悪くありません。それは、亀老山や開山も同様です。
 カレイ山は、日本遺産の能島城跡を俯瞰する絶好の撮影ポイントでもありますので(広島県と香川県の島々も遠望できます)、寒いからといって断念せず、どうぞいらして下さい。


広報担当 大成