猛暑の鯛崎島清掃(7/23)


作業も終盤です




休憩なう

 年に2回、当会では能島城跡の一部である鯛崎島の清掃を行っています。夏は、水軍レースが近づいたころに作業を実施するのですが、猛暑との戦いです。冬は、年末の押し迫った極寒の時期に実施し、雪が舞い降りる時もありました。年に最低2回は草刈りを実施しないと、城跡でいうところの郭(くるわ)は、雑草の伸長が半端じゃありません。また、祠に祀られてある弁財天さんのお供えものを新調する必要があり、室内にはフナムシの死がいがあったりもします。
 この日は6名の会員が作業に参加し、ほか2名の助っ人参加も見られました。そしていよいよ31日は、村上水軍博物館前で水軍レース≠ェ開催されます。当会は、選手整列・誘導係、櫓の修理などで大会を下支えしたいと思います。 


広報担当 大成