「食房ふれあい」始動(^O^)/(7/17)


厨房のスタッフ




出張!遠見茶屋のカレー


アーチェリー競技の会場


団体戦の予選の光景

 いよいよ、当会の新規事業となる「食房ふれあい」(宮窪石文化運動公園内)が17日にオープンしました。といいましても、本格的なスタートは秋以降になりそうで、今回はその試運転とでもいうべき2日間限りの開店でした。提供した料理は、遠見茶屋のカレーライスのみとし、それをプラスチック製の容器にいれて600円で販売することにしました。
 一方、17・18日の2日間にわたり、隣接する多目的グラウンドは高校生のアーチェリー競技場へと変貌!?こちらは、同所が来年秋開催予定(10月2〜4)の愛媛国体のアーチェリー競技会場となっているため、そのプレ大会を開催していました。そこで、これを下支えすべく、事前に今治市の方から期間中の開店をお願いされていました。今月、施設周辺の草刈りや室内の清掃を急いだのはそのためで、何とか間に合って良かったです。
 実際、「食房ふれあい」を多く利用したのは市職員ら大会スタッフ関係者で、選手らは外注のお弁当でした。混雑を心配していた当会にとっては、厨房&ホールスタッフに過度の負担がかからず、適度な研修につながり良かったです。本格スタートの暁には、郷土料理やオリジナルスイーツを看板メニューとし、遠見茶屋ともども大島の活性化につなげたいと思います。   


広報担当 大成