梅雨の遠見茶屋(6/19)


梅雨の店内




遠見茶屋のカレー(^O^)/


霧が晴れた能島城跡!


かわいいアクセサリー

  この日は、「能島の里」の6月定例作業日でした。小雨で作業ができなかったため、園内パトロールを兼ねて遠見茶屋へ。11時20分頃、小生がこの日第一号の来店者となりました。外の眺めは霧一色。しかし、雑誌に目を移していた隙に様相は一変。急に能島城跡の景色が目に飛び込んできました。とても幻想的でした。そして注文していたカレーがテーブルに置かれるや、一句ひらめきました。カレーをしてもひとり≠ヌなたかの自由律俳句をまねたものですが、そんな心境にいたりました。そうこうしていると、3人1組の女性客が11時半過ぎに来店し、梅雨時季の光景に感激していました。
  小生にとっては、久しぶりの店内くつろぎとなりましたが、かわいいアクセサリーが販売されていたり、有名人の来店サイン色紙が増えていたりと、変化をうかがい知ることができました。アクセサリー(格安)は、店員の姪御さんの手作りだそうです。
  この日は、さすがにカレーの売り切れはなかったと思いますが、そういう時には、小生らが会員価格でカレーを食べられるチャンスでもあります。小生は、月に1回ほどしか宮窪へ通う機会がありませんので、悪天候を幸いと思い、カレーを楽しんだ一日となりました。雨の遠見茶屋も悪くないですよ(^O^)/   


広報担当 大成