強風晴天のカレイ山 on GW(5/4)


キャンプ盛況!




除虫菊満開(^O^)/

  GWのカレイ山情報ですが、広報担当の小生が取材を怠り、現地を訪ねたのは4日の日のみとなりました。強風にもかかわらず、多くの観光客が船折瀬戸の眺望や遠見茶屋を目当てに来園していました。県外ナンバーの車や若いカップルを見ると、うれしい気分になりますね。この時季は新緑の青が美しく、爽やかな気分にもひたれます。
  今年のGWは、キャンプ客が多いのが特徴でした。担当係のY君によれば、トータルで20組近い予約があったようで、鳥羽一郎歌碑前広場もキャンプ場に開放しました。4日の日は大阪と鳥取の方がキャンプをされていました。歌碑前広場だと、朝陽がのぼる燧灘の眺めが美しく、夜は星や舷灯がきれいに見えます。
  頂上東屋前の除虫菊畑では、すでに半分の蕾が満開です。5月8日は、尾道市向島の除虫菊神社で除虫菊祭り≠フ神事が催されますが、まさにそれに合わせたかのような開花です。昨年、藤本義信会員が苗を植えたばかりですが、まさか1年で満開の姿が見られようとは思いもよりませんでした。藤本氏は、この成果を受けて、さらに苗を買い増ししたいとのことです。近い将来、観賞用除虫菊の名所にしたいですね。
  なお、この日は男性会員4名が石文化公園内の「食房ふれあい」周辺の清掃を行いました。今年度から、当会が今治市様より管理を任されることになりました。本格的なご当地スイーツの製造販売拠点にできないか、専門家と協議中です。   


広報担当 大成