カレイ山の秋いろいろ(11/15)


色づくイチョウ




しまとく市場の野菜&果物


なぜか開花してます除虫菊


シイタケ栽培なう

  この時季になると、園内キャンプ場のイチョウが(西日を浴びると)美しく照り輝きます。その近くでイノシシの足跡が散見できるのは興ざめですが、そんな珍客も月明かりを愛でながらイチョウの美を楽しんでいるのかも知れません。
  頂上の東屋そばには、藤本義信会員が植えた除虫菊の苗が、なぜかこの時季に花を咲かせています。除虫菊の見頃は5月上旬のはずですが、いかにしたことか…。東屋を訪ねた観光客も、まさかその花が除虫菊とは気づかないはずです。
  場所は伏せますが、2年前にU君(最年少会員)が丸太に植えつけたシイタケの菌が、ようやく初めての収穫を迎えています。早速、この日のしまとく市場で販売したところ、何組かの観光客が購入してくれました。定例作業に参加した男性会員は、そのシイタケ入りの賄い飯にありつくことができました。
  しまとく市場(土日・祝日のみ営業)では、新鮮な秋の野菜・果物が、カゴ1盛100円の格安で販売されています(鵜島のヒジキは200円)。早いもの勝ちですよ。今年は野菜の高騰に頭を抱える主婦(主夫)・飲食店経営者の方も多いと思いますが、一度のぞいてみてはいかがでしょう。地味に細々と営業しております。    


広報担当 大成