あじストーンフェア2015へ行く@(6/13)


屋内展示場




屋外展示場


展示ブース


石臼コーヒー(青木石)

  最近、当会では石テーブルの商品開発(大島石の廃石活用)を進めていますが、戦略を練るに当たってもう少し情報が欲しいところ。そんななか、このほど国内最大級の石材総合展示会「あじストーンフェア」がサンメッセ香川(高松市)で開催されることを知り、村上安直理事長以下若手会員4名で視察に行って参りました。理事長以外は同フェアの視察が初めてで、大きな刺激を受けることになります。これまで、大島石の品質の高さと歴史については勉強を重ねて参りましたが、この日は石業界のトレンドを知るまさに最前線≠ナした。
 各地の銘石を用いた墓石や斬新な石工芸品の展示はある程度予想がつきましたが、採石・加工の機械類が多く展示されているのは少々意外でした。そのことは、庵治石の産地(高松市庵治・牟礼町)が加工技術と販売で全国トップランナーであることを物語っており、実際、大島石の加工・販売を手掛ける業者が高松市内に多いことを知りました。裏を返せば、今治市内にはそれらを手掛ける業者が少ないということになり、庵治(あじ)の業者が全国の銘石を多く取り扱い、加工・販売で実績をあげている現実に衝撃を受けました。そのネットワークが、同フェアの継続開催(第45回)を下支えし、庵治で開催できて大島では開催できない理由とも分かりました。
 フェアで衝撃を受けたあと、理事長の案内で庵治石の丁場や加工場がある同市庵治・牟礼(むれ)地区をドライブすることに。場所は、源平合戦の屋島古戦場の東対岸にあります。その源平ロマン街道沿いには、石材加工場がたくさん軒を連ね、全国の石を取り扱っている話が本当であると実感。青山・織昌・越智久ら大島有数の業者が数十社存在しているような感覚にいたりました。いくら大島石を最高級の花崗岩≠セと言ったところで、採石・加工・販売までの一貫性で産地のブランド化を図らないと真の意味での地域活性化にはつながりません。庵治に少々遅れをとっているような印象を受けたしだい。ただ、なにくそ魂≠フ若手会員3名(小山・丹下・大成)は「ならばどうすればいいか」のテーマで帰りの車中は盛り上がり、大きな知的刺激を受けて今治へ帰って参りました。


広報担当 大成経凡