オープン初日は火鉢でお出迎え(4/5)


火鉢で暖をとる店内




園内遊歩道の桜アーチ

  みなさま、お待たせしました。ついに、遠見茶屋の今シーズン開幕です(^O^)/。これを祝うように、公園内のソメイヨシノは満開です。ヤギ小屋付近では、サクラのアーチをくぐって展望台へといざなう光景が見られます。
  しかし、当日はあいにくの雨で、気温も低下。N君情報によると、遠見茶屋では火鉢をご用意して、この寒の戻りに対応。そんな天候でも、7組・約20名のお客様が来店。カレーは6食売れました。カレーを食べられた方は、最初からカレーに期待して来店されたようです。三原市や高松市からのお客様もいました。また、ペイザン(吉海町の人気パン店)で勧められて来店し、食堂みつばち(吉海町の人気喫茶)との大島3店セットを楽しまれたというお客様も。
  天候が良くなれば、石文化体験ツアーや近隣の催しとの相乗効果で来園する観光客も増えることでしょう。それを見越してここ1週間、藤本義信会員が公園ゲート入口から駐車場までの側溝等の清掃活動に励んでくれています。あくまで、当会の本分は園内の管理。宮窪の地域活性化に寄与しなくてはなりません。
 そしていよいよ12・13日は、能島の花見です。特に13日(日曜)は、宮窪港観光桟橋付近で浜のマルシェ≠ニいう物産販売の催しもあります。サクラはだいぶん散ってそうですが、能島城跡に上陸して、宮窪の良さをご堪能頂けると幸いです。 


広報担当 大成