クラフト市場に出店(10/27)


能島の里のブース




クラフト市場の様子

 秋晴れ快晴のこの日、燧灘に臨む友浦地区(旧友浦小学校跡地)で「クラフト市場」が開催され、昨年に続いて能島の里も出店を致しました。販売メニューは、地エビのかき揚げ丼・猪汁・猪のチャーシュー・せんざんき・焼き芋・新鮮野菜&果物でしたが、かき揚げ丼・チャーシュー・せんざんきは早々に売り切れとなりました。
 広報補佐のN君によれば、菅市長も会場を訪れたようで、来年の「しまのわ2014」の宣伝をしていたとか。また、昨年よりもお客さんは多かったようで、これは当日の天候とクラフト市場の知名度向上によるものかも知れません。島内住民の集客向上も大切ですが、島外からの観光客も多く呼び込み、大島に活気をもたらす機会がどんどん増えるといいですね。   


広報担当 大成