ぶらりと村上水軍博物館へ(3/17)


毎年恒例の雛飾り展




四阪島コーナー


新商品登場(^O^)/


バリィ雛


人気の家紋瓦

  4月7日まで、村上水軍博物館で「村上家伝来のひな人形」展を開催中と知り、ぶらりと訪ねました。毎年この時季になると、能島村上家に伝わる雛飾り道具が一般公開されています(同展示は拝観無料)。受付カウンターの装いも、職員さんの粋なはからいで雛バリィさんがお出迎え。鶏のヒナであるバリィさんと、雛飾りをうまくかけ合わせてますね。
  ひな人形展の2階展示室入口付近には、四阪島小学校・中学校跡から同館へ移管された机・椅子・黒板が常設展示されています。来月から始まる四阪島大煙突の解体にちなんで、つい目がいってしまいます。当会の藤本Y氏が、秘かに四阪島海上遊覧ツアーを計画中ですが、解体前に実施予定とのことです(上陸はしません/定員約30名)。
  館内には、ミュージアムショップ「潮騒」があり、食事のおもてなし以外に、宮窪の物産・懐かしの駄菓子・ユニークなグッズ(バリィさんグッズ含む)などが販売されています。オリジナル商品としましては、村上水軍にちなむ携帯ストラップ・Tシャツ・タオル・帽子・丸上家紋瓦(菊間瓦)・手提げバッグ(紙製品/DANBAG)などなど。手提げバッグは、来島出身の鎌田利喜さんが再生紙を使って手作りで仕上げたものです。一方、当会に関係した物産としましては、石の鯛≠竦シ原櫂詩さん制作の伊予焼≠ェ店頭に並べられ、兜g子丸のスモーク・スナッパーも注文できるようになっています。店主さん曰く「石の鯛は、ぽつぽつ売れてますよ!」とのことでした。
  ちなみに、カレイ山の活動ついでに私が同館をよく訪ねるのは、潮騒の鯛めし&サザエ飯パックをお土産で購入するためです。あいにく、この日は店頭に並んでいませんでした。漁師さん家族が経営しているため、週末になるとお魚定食を食べることもできます。サザエ丼がオススメです。4月7日に宮窪港で開催される物産展「浜のマルシェ」(10:00〜15:00)では、潮騒も出店するようです。どんな漁師家族の珍味が登場するのか楽しみです。能島の里も、石彫作品と焼芋を販売しますので、どうかご来展下さい。
  今回の同館訪問では、昨秋の来島水軍企画展の図録を3冊購入しました。まだまだ在庫があるようです。1冊300円でカラー刷りなので、お買い得です。来島水軍ファンで、まだ購入されていない方は、お早めにお買い求め下さい。4月7日(日)に宮窪へ来れば、能島の花見・ひな人形展・宮窪漁師市・浜のマルシェ・遠見茶屋オープンなど、楽しみが盛りだくさんです(^O^)/    



広報担当/大成