秋晴れの10月定例作業日(10/21)


頂上東屋周辺の草刈り




駐車場で拾ったクリ


作業合間のランチタイム♪


刈った雑草を食べるヤギ

 すがすがしい秋晴れの下、10月定例作業日は夏の間に伸びた遊歩道・キャンプ場・花畑・頂上東屋などの草刈りを行いました(刈り取った一部はヤギのエサ?)。午前中は石文化体験ツアー客が4名いたため、2名の会員がそちらに割かれましたが、午後からは男性6名が草刈りと側溝落葉除去作業などに専念。泥棒草が意外に多く、広い敷地を管理するのは実に大変と改めて痛感。当会は、カレイ山展望公園の指定管理団体ですから、基本は掃除を中心とした作業に専念しなくてはいけません。
 遠見茶屋の方は、完売こそなかったものの、コンスタントにお客さんの来店がありました。特にこの日は石鎚山が遠望できただけに、もっと多くのお客さんに来て欲しかったです。遠見茶屋は11月末の営業後にシーズン・オフへと入りますので、そろそろラストスパートですね。寒気が下りると、四国山地の眺めがクリアになってきますので、これからが眺望に最適です。
 現在、村上水軍博物館で特別企画展「海の来嶋 山の久留嶋」を開催中(〜12/16)ですので(久留島家文書初公開!)、そちらと抱き合わせでお越し頂けると幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。   


広報担当 大成