6月最初の日曜日(6/3)


霧の来島海峡大橋




道路脇の腐葉土除去


再びネット販売戦略会議なう


サイドカー到来!


大島石の丁場(特別アングル)

  前夜に降った雨で、早朝はこの時季特有の霧がたちこめる景観でした。私は2週間ぶりのカレイ山作業となりますが、脚力がだんだんとついて参りました。前回よりも2〜3分、往路の走行時間を縮めました。かく汗の量も半端じゃありません。上り坂は、腹周りのぜい肉がリズミカルな走りを邪魔しますが、これもしだいに克服したいものです。
  そんなわけで、午前中は観光客の入りが低調なカレイ山展望公園でしたが、しだいに晴れ始めたお昼過ぎから客足も伸びて参りました。この日も遠見茶屋はカレー完売。駐車場に到着するや「カレーライスが食べられるお店はどこですか?」と尋ねられるお客様が増えましたね。以前なら「展望台はどこですか?」「この上に何があるのですか?」と尋ねられるのが定番でしたが…。
  客足も伸びてきたカレイ山ですが、市道脇の雑草・雑木枝の伸長も、2週間見ない間にずいぶん伸びていました。この日は、公園入口ゲートから駐車場までの、車の走行の視界を遮るような雑草・雑木枝を刈り取るとともに、道路脇に堆積して道幅を狭めていた腐葉土を、ようやく一輪車とスコップで除去することができました。カーブが多く道幅の狭い登山道は、交通安全には注意が必要です。この区間は当NPO法人の管轄外でありますが、せっかく山頂まで来てくれる観光客を思えば、見過ごすわけにもいきません。翌日の全身筋肉痛を覚悟で、午前・午後、約3時間励みました。蚊にもずいぶん刺されました(>_<)
  午後、若手メンバー3人は、しまとく市場前でネット販売の戦略会議。当面、売り物になるのは「スモーク・スナッパー」「石の鯛」「伊予焼」などでしょうか。会議を終えたころ、エンジン音を響かせながら、松本ナンバーのサイドカー4台が駐車場に到来。カッコイイ中高年の男女4名が降り立ち、「採石場が見える景色のいい所があると聴いたんだが…」と。ちなみに、この日の石文化体験ツアーは(キャンセルもあって)ボウズのはずでしたが、珍客の到来で急きょ短縮コースで実施することにしました。しまなみアートキャ二オンだけ見て終わるはずが、アングルを変えたアートキャニオンもご鑑賞頂き、さらに石割体験にも挑戦。当初は硬い石が簡単に割れるはずがない。時間がかかるから遠慮しておく≠ニのことでしたが、意外にあっさり割れて大喜びでした。
 今月中・下旬頃に理事会の開催を予定していますが、来期へ向けた新規会員募集中。寄付をして下さる法人会員様も募集中です。汗をかく若手実働部隊が、あと数名欲しいです。   


広報担当 大成