年納めの作業A/鵜島清掃(12/30)


鵜島に上陸!




2番札所/ビフォー


2番札所/アフター


2番札所から眺める鵜島集落

  鯛崎島の作業が早く終わったため、今年は隣の鵜島(うしま/旧宮窪町)へ足をのばすことに。再び、会員の漁船が渡船代わりに。当初は海岸清掃を行うはずでしたが、上陸してビックリ!海岸があまりにキレイで、集落にもゴミが落ちていません。同島の区長さんによると、現在の島の人口は約30名で、平均年齢は約74歳。一番若い人が区長さんの奥様で60歳とのこと。同島は、織田姓と福羅姓しかないことで有名ですが、近年は同島出身者らで結成された「鵜島奉行隊」が、水軍レースを5連覇中…。
  さて、上陸したものの、一体何をしようか…。同島の33観音霊場を巡礼する案が浮上するも、あっさり却下。区長さんの案内で、巡礼コースを草刈りしながら進んでいくことになりました。1番札所のある鵜島集会所を発ち、2番札所へ。早速、2番の登り口周辺に竹とヨシが生い茂り、道幅を狭めていました。総勢11名のうち、3名の若手(20代1名・30代2名)をその場に残し、あとは行けるところまで進んでいくことに。結局、昼食(弁当)を挟んで午後も1時間ほど作業し(昼食時に4名帰宅)、11番札所まで進みました。果たして、次回の作業はいつあるのでしょうか?
  参考までに、当会が所持する新聞切り抜き(愛媛新聞/平成10年6月某日)に、鵜島の観音霊場についての記事がありますので、ご参照下さい。   


広報担当 大成