今年の営業も残り1ヶ月、カレイ山のカレー(11/3)


本日は完売です(^O^)/




本日のお客様(岡山からの観光客)


愛媛新聞・四季録(11/2) 拡大表示

  紅葉の美しい季節となりました。本日、カレイ山展望公園はサクラの落ち葉で路上・側溝があふれかえっていました。だんだんと冬支度の時季が近づいて参りましたね。
 お陰様で、今年度の遠見茶屋営業も、残すところあと1ヶ月となりました。昨日の愛媛新聞コラム「四季録」(11/2)でカレイ山のカレーが紹介されたこともあってか、本日はカレーが完売となりました(^O^)/。木曜祝日のため、女性スタッフは売れ残りを覚悟していたようです。コラム読者がご来店下さったようで、本当にありがとうございました。さらに、コラム効果でスモーク・スナッパーの問い合わせもあったようです。改めて、新聞の力、情報発信の力を感じたしだいです。
 本日は、観光客の動向をつかむべく、カレイ山へ参りました。すると、レンタサイクルを押して歩いて、頂上を目指す若いキュートな女性観光客2人を見かけました。その20分後、遠見茶屋で再会することになりましたので、少々会話を楽しむことに。岡山から車でやって来たそうで、大三島の多々羅しまなみ公園でレンタサイクルを借り、カレイ山までやって来てくれました。返却リミットまで余裕がないとあって、コーヒーを飲んでとんぼ返りとなりましたが、しまなみ海道の景観をとても楽しんいでるご様子でした。カレーが食べれないことを、とても残念がっていました。泊まりは道後を予定しているとのことで、できるものなら今治市内に宿泊してもらいたかったですね(またのお越しを!ありがとうございました)。やはりこの点に関しても、地元の観光PR不足を痛感(>_<)。今治はホンモノの素材をたくさん持っているんですから、もっと自信をもって頑張らないといけませんね。       




広報担当 大成