NHK『いよ×イチ』、兜g子丸から生中継(^O^)/(6/16)


エンディングシーン




蛭子丸工房


@リハーサル


Aリハーサル


本番


中継終了後に食べた鯛メシ

  え〜、実に1カ月ぶりの記事更新となり、申し訳ございませんm(__)m
  例年にない早い梅雨入りとなりましたが、雨にもかかわらず、週末の遠見茶屋はカレーライスを求めてご来店頂くお客様に恵まれ、大変ありがたく感じております。今週末は理事会と定例作業日が控えておりますが、次期の活動にも張り合いを感じております。
  さて、今春デビューした潮流鯛姿燻製「スモーク・スナッパー」ですが、地道なPR活動の効果もありまして、造船所進水式の引き出物として、大口注文が入り始めました。個人のお客様では、ワイン好きの方がパーティーのおつまみとして再注文をして下さるなど、リピート効果も表れております。今夏のお中元に、おひとついかがでしょうか?
  そんな中、本日6月16日、NHK松山放送局の夕方番組『いよ×イチ』の取材クルーが宮窪へやって来ました。スモーク・スナッパーの工房・兜g子丸から生中継ということで、藤本さんご一家(二郎さん・純一君)のみならず当NPOメンバー7名が馳せ参じたしだいです。中継のテーマは「天然鯛の新しい食べ方」ということで、スモーク・スナッパー誕生のいきさつや作り方のこだわりについてリポートがありました。さすが岡崎咲奈アナさん(カワイイ!)、下調べをしっかりしていて感心致しました。魚を獲るのはお手の物の純一君も、この日ばかりはガチガチで、3回のリハーサルで何とか本番を乗り切ることができました(^^ゞ 
  わずか7分ほどの中継でしたが、スモーク・スナッパーを知るには十分な宣伝効果がありました。早速、終了後1時間もたたないうちに2件の電話注文があり、岡崎アナも「父の日」のプレゼントにお買い求め下さいました(ありがとうございます)。で、中継終了後にスモーク・スナッパーで調理した「鯛めし」と「お吸い物」を、集まったメンバーと取材クルーの皆さんで召しあがることになりました。特に鯛めしは、めちゃウマ!でした(^O^)/。取材クルーの皆さんも、満足顔で会話がなくなり、食べるのに夢中…。皆さんお代わりをして下さいました。あの満足顔は、画像にアップしたら各方面からジェラシーを抱かれそうなので、あえて載せません(^^ゞ
  テレビ中継の効果に期待しつつ、今後とも地域資源を活かしたまちづくりに精進して参りたいと思います。
新規会員募集中!           


広報担当 大成