当会監事・藤本義信氏、尾道と今治で連日イベント参加(3/12〜13)


交流会の光景




発表する藤本さん(緊張気味)


食育フェスタの藤本さん夫妻


サザエ飯炊きたて

  3月12日(土)、尾道市公会堂別館にて「まちづくり交流会inおのみち」(おのみち地域SNS研究会主催、瀬戸内しまなみ海道振興協議会共催)が開催され、当会若手会員の藤本義信さんがパネルディスカッションで(愛媛代表として)パネラー発表を行いました。藤本さんは、自身が過去にかかわった潮流体験の話や、当会のカレーライスや鯛姿燻製の話、自身が最近かかわったしまなみ海道五十三次(平山郁夫画伯の作品モニュメント)の清掃活動などの報告を行いました。

 藤本さんは、当会の活動以外にも様々なグループに所属し、多岐に渡る活動を展開しております。“宮窪のおっさん”のハンドルネームで大島情報をブログ発信し、このほど、しまなみグルメ研究会の発足にもたずさわりました。FMラヂオバリバリの大島担当のリポーターも務めていて、大島といえば“宮窪のおっさん”という知名度が、今治のブロガーの間ではよく知られています。筆者が当会の活動を記事にしない時は、藤本さんのブログ『日々の出来事』にアクセスをお願い致します(^^ゞ

 さて、そんな藤本さんですが、13日(日)は今治市総合福祉センターで開催された第1回「子ども食育フェスタ」(さくらんぼの会主催)に宮窪の海の幸を携えて出店。これは、今治の友人ブロガーと図り、宮窪の美味しい海の幸を今治の方々に知って頂きたいという思いから行動に移したようです。ですから、往復の橋代さえも稼げていないものと思われます。藤本さんが炊いたサザエ飯は、とても美味しかったです。   


広報担当 大成