作業が多岐にわたりました(3/12〜13)




炭焼き失敗


古民家の周辺整備


間伐後に一服中


遠見茶屋の新調された庇

  暖かくなって参りました。春の行楽シーズンに備え、準備に大忙しの週末となりました。気になる炭焼窯の成果はといいますと、燃焼が足りなかったようで、画像の通り半焼けの状態。再び火力を加えて燃焼を行う事態となり、送風機を投入しました。今度こそは、いい竹炭が出来上がりますように(もう失敗は許されない!)。

  窯が一段落した後は、古民家(御堂本家)そばの荒れ地を整地。久し振りに話題登場の「古民家の再生」ですが、年間活動計画にもありますので、周辺が雑草・雑木に覆われないよう、今は出来ることに励むしかありません。再生のための助成金がつかないかなぁ…。

  また、以前から少しずつ手を加えていた「しまとく市場」裏斜面の間伐ですが、腐った木や雑木の除去を行いまして、随分すっきりしました。早速、ここにドウダンツツジの苗木50本を植えることになり、メタボ会員にはいい運動になりました。駐車場を彩るジャーマンアイリスの鉢替えも行いました。

  遠見茶屋もオープンまで1ヶ月をきり、入口付近直売所の庇(ひさし)テントを新調。いよいよ今度の週末は全体作業日です。新規入会を希望する方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご見学・ご参加下さい。


広報担当 大成