忘年会のご報告@(法人名称の変更と…)


記念撮影(みんないい顔です!)




忘年会の料理は、手づくりです!


上原先生の三線演奏


忘年会の様子

  去る12月11日(土)、宮窪の浜集会所で当会の忘年会が開催されました。料理はもちろん、会員の手づくり(宮窪流)。宴会前から、女性陣と鯛とり名人の漁師父子が準備に奮闘!出席者は、会員家族と当会をご支援下さっている方々の総勢約60名となりました。会員の多くが集まる機会は、総会と忘年会の年2回に限られてくるため、忘年会の冒頭は活動の進捗報告が行われました。乾杯を前に、パワーポイントを使った説明が10分ほどあり、その主な内容を「忘年会のご報告@・A」として掲載したいと思います。

 ☆「能島の里を発展させる会」→「能島の里」へ
  大きな出来事としましては、今秋11月16日に法務局で法人名称変更の手続きを行いました。これにより、当会は「NPO法人 能島の里」として新たなスタートを切ることになりました。発足からこれまでは、準備期間のような位置づけでありましたが、カレイ山展望公園にて、炭焼窯・ヤギ小屋・遠見茶屋(カレーライス)・しまとく市場・遊歩道・観月会・婚活ツアーなど、様々な取り組みを小所帯ながらも達成してきました。

 ☆地域再生大賞の候補に!
  嬉しいニュースとしましては、そんな当会が「第1回地域再生大賞」の候補にノミネートされたことです。この賞は、地域活性化に取り組む団体を支援しようと、全国の地方新聞社と共同通信社が合同で創設したもので、今年が第1回目となります。当会は、愛媛新聞社様の推薦を得て、愛媛で1つの団体だけに選ばれる候補に! 
 今後、1次選考を通過した全国50団体の中から、有識者らでつくる大賞選考委員会をへて、来年1月末に大賞(1件)・準大賞(2件)・ブロック賞(6件)が決まることになっています。これまでの活動が評価されたことを大変嬉しく思います。
  受賞しようとしまいと、これまで同様、宮窪のまちづくりに誠心誠意に取り組むとともに、しまなみ海道の活性化にも大きく貢献したいと考えており、その意志を忘年会にて確認致しました。なお、忘年会の特別ゲストは、昨秋の観月会でお世話になった三線演奏者の上原伸浩先生で、三線が奏でる音色がBGMとなって会場に響き渡りました。そしてもう1組の特別ゲストは…。 【つづく】            
  


広報担当 大成