宮窪歴史散歩A 〜海南寺 おねはん(3/28)〜


涅槃図(海南寺所蔵)



1.おねはんって?
 去る3月28日(日)、海南寺で【おねはん】と呼ばれる法要がいとなまれました。この法要は、一般に「涅槃会」(ねはんえ)や「常楽会」(じょうらくえ)と呼ばれ、お釈迦さまの命日とされる旧暦2月15日に催される宗教行事です。今年の旧暦2月15日は“3月30日(火)”にあたるため、檀家さんが集まりやすい日曜日にとり行われたようです。
 ただし、海南寺で【おねはん】がいとなまれるのは5年に1度で、近郷の同じ真言宗御室派寺院5ケ寺が、毎年持ち回りで【おねはん】を実施しています。輪番制をしているその結衆寺院5ケ寺とは、大島の高龍寺(名)・福蔵寺(福田)・法南寺(椋名)・海南寺(宮窪)と伯方島の西明寺(有津)です。来年は、福蔵寺で【おねはん】が開催される予定で、各寺によって催しにも多様性があるようです。
 一般には、お釈迦さまの入滅(死)を描いた涅槃図を掲げ、僧侶や檀家さんがその遺徳を偲び、お釈迦さま最後の説法にちなんだお経(仏遺教経)を唱えるのですが、海南寺の場合は、それ以外の催しも実施しています。今回は、檀家さんに呼びかけて、午前中に稚児行列を実施し、午後から余興と教養講座をかねた講演会・演奏会を客殿で行っています。取材にあたった小生は、午後からの参加だったため、講演会と演奏会に参加。もちろん、【おねはん】は初参加だったので、その模様を記事にしたいと考えたしだいです。
 今回、初めて涅槃図を拝見。海南寺所蔵の同図は、享和元(1801)年に高野山において新調したようで、“酒呑み坊さん”の圓乗の代に、檀家であった友浦村庄屋・矢野強八が寄進しています。色がとても鮮やかで、描かれた内容に物語性を感じたので、しばらく見入ってしまいました。手前には、この5年間に亡くなった檀家さんのお位牌も並べられていました。海南寺では、涅槃図は【おねはん】のみのご開帳となるため、貴重な文化財に触れるいい機会でもあります。前回の【おねはん】に合わせて、修復を行ったようで、今後ともお寺と檀家さんの宝物として大切に管理して欲しいですね。
 

栓抜き曲げに注目する参加者


客殿で開催されたコンサート


お餅投げ(バケツ編)

2.午後の催し
 講演会は、(有)ヤナギハラ代表取締役の柳原滿紘氏を講師に招き、『潜在能力の開発 〜あなたは変われる〜』と題してご講演を頂きました。集まった檀家さんの多くはスプーンを持参。スプーン・栓抜き曲げの実演もあり、歓声があがる場面も(^O^)/。講演のねらいは、スプーンを曲げることではなく、気の持ちようの大切さを説き、健康であるための呼吸の大切さや食事についても言及。目に見えない力…、何やら仏教の教えに通じるものを感じたしだいです。
 演奏会は、はるばる関西から演奏家グループ・Blossomを招いてのコンサート。メンバーの一人・声楽家の住本紗恵さんは、夫の父が海南寺の檀家という縁で、快くご参加頂いたしだいです。檀家さんにとっては、日頃あまり馴染みのないクラシック音楽に触れるいい機会になったのではと思います。演奏に合わせて、全員で春の名曲を唄う一幕もありました。ちなみに、紗恵さんは、平成20年9月にも宮窪にお越し頂き、カレイ山展望公園で当会主催のヘルマンハープコンサートでお世話になったしだいです(^^ゞ
 で、海南寺おねはんの最後を締めくくるのは、餅なげ(^O^)/。田舎では…というと語弊がありますが、当地で集客をはかろうと思えば、餅なげを実施するのが一番。船の進水式、家の建前式しかり。昼休みには福引きも行われたようです。小生が驚いたのは、餅なげでバケツが宙を舞ったこと(+o+)。餅やお菓子を入れておいたバケツが、空になったら用がない!と、投げる景品に様変わり。何ともユニークな催しでした。5年後に、また行きたくなりました。


広報担当 大成