鯛崎島の清掃活動@(12/20)


作業開始前



上陸風景


海賊時代の遺物(備前焼のかけら)


鯛崎島

 年末を迎え、今年の活動も残すところわずかとなりました。当会の主要な活動の一つに、鯛崎島の清掃活動があります。年間2回(7月・12月)実施され、島の雑草の刈り取りや弁天さんの祠の清掃を行っています。もちろん、鯛崎島(能島の隣り)は“小さな無人島”で、定期船は通っておりません。宮窪漁協様の協力で島へ渡るのですが、今回は厳しい冷え込みにもかかわらず、20名の参加者が集まりました。この日、近隣の島々では雪の降るところもあったようです(*_*)
 ところで、鯛崎島の地理的環境ですが、国指定史跡・能島城跡の一部で、お地蔵さんが岩礁にある島といえば、ご理解頂けますでしょうか。同史跡は能島と鯛崎島とがセットになって一つの城郭をなします。お城マニアにはタマラナイ散策スポットでありますが、お花見の季節に2日間だけ上陸機会のある能島に対し、鯛崎島の上陸情報はよく知られていません。宮窪住民が厚く敬う弁財天がまつられていることもあり、そのお参りのために渡船が運航されることもあります。
 周囲約240m、面積約0.2haの鯛崎島ですが、上陸してみて分かるのは、島の頂部(海抜約21m)は削平され、見晴らしがよいということです(平らに造成され、城郭でいう、くるわの機能を有していたと考えられる)。削平時期は、能島同様に戦国時代と考えられますが、その考古学的調査につきましては、平成22年度に実施の予定です。ちょっと目を凝らせば、戦国時代と思われる遺物を地表面で採集することもできます。能島城跡は遺物の宝庫で、この収集は今治市教育委員会様に任せるとして、私たちは景観保護のため、最低限の雑草刈り取りに専念したいと思います。
 清掃活動の詳細は、次項目のAでお楽しみ下さい。つづく…



広報担当 大成